« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

キハ601、及び、KR-505の維持運転を実施(12/26)

 担当者2名が、作業を実施しました。

 ほっとパーク鉾田へ移設後の最初の運転となるため、移設後の機能の健全性の確認の意味もある作業でした。

 KR-505は、ここ数週間、機関停止中に、燃料濾過器付近から、燃料ラインにエアが僅かずつ浸入し、数日で燃料がタンクまで落ちてしまうというトラブルが起きており、現在はエンジン起動前にポンピングによる燃料ラインのエア抜きを実施してから起動しています。燃料濾過フィルタも交換時期であり、併せての修繕を計画中です。

 エンジンの起動自体は問題なく、回転も安定しています。

 キハ601は、起動まで、多少手間取りましたが、こちらも無事起動し、回転も安定していました。今回はバッテリチャージャのアシスト無しで、蓄電池のみでの起動でしたが、特に問題なく起動しています。

 2両ともに、ブレーキ等のエア周りの確認も行いましたが、特に漏気等は確認されず、移設によると考えられる不具合は現時点では確認されず、まずは一安心といったところです。

 また、外観の破損等についても改めて確認を行いましたが、特に問題は認められませんでした。

 移設については、確認できた限りでは、12/25の朝日新聞茨城版朝刊、及び、本日12/26の茨城新聞朝刊、にそれぞれ写真入で記事が掲載されています。

2009年12月24日 (木)

キハ601とKR-505の「ほっとパークほこた」への移送作業に立会い(12/24)

担当者3名全員がそろいました。

 遂にキハ601とKR-505が、住み慣れた鉾田駅を離れる日が来ました。

 午前中に保存会としての移送前の車両整備を済ませました。

 正午過ぎには鉾田駅に2台の大型クレーンと2台の大型トレーラーが鉾田駅跡地に到着し、直ぐにキハ601のトレーラへの積載作業が開始されました。

 13時半頃には、先ずキハ601の車体が鹿島鉄道のレールから離れ、その後、大型トレーラの上に移されました。

 続いてKR-505が自走して、今までキハ601が留置されていた本線の最東端まで進み、同様に15時過ぎにはもう一台の大型トレーラの上に移されました。

 その後、2台の大型クレーンは、受け入れ準備のため、鉾田駅跡地からほっとパークほこたへと移動しました。

 キハ601とKR-505を積んだ2台の大型トレーラは夕方の通勤時間帯が終了する迄の間、しばし、鉾田駅跡地に留置され、鉾田駅跡地での最後の日没を迎えました。

 この間に、「ありがとう さよなら 鉾田駅」と「よろしく ほっとパークほこた」のメッセージの側窓への掲出作業を実施しました。

 その後、関東鉄道グリーンバスの発車時間を待って、移送が開始されました。

 キハ601、KR-505の順で、石岡方を先頭にして、ほっとパークほこたに向け、2両の気動車は鉾田駅から旅立って行きました。気動車の居なくなった鉾田駅はがらんとしたホームのみが残り、とても寂しい雰囲気となってしまいました。

 ほっとパークほこたに、車列が到着後、直ぐに、先行していた大型クレーン2台により、トレーラから車両を吊り上げ、展示線に載線する作業が開始されました。

 作業のための大型の投光器の光の中に、文字通り、浮かび上がったキハ601は展示線に載せられ、直ぐに、載線位置から、展示位置(展示線南端)への移動が行われました。

 続いてKR-505も大型トレーラ上から展示線へと移されました。

 当初の予定時間よりも早めに作業は終了し、キハ601とKR-505の2両は、無事、「ほっとパークほこた」の展示線へ移設されました。

 大きなソリ(トレーラ)を牽いた大きなトナカイ(トレーラヘッド)と、力持ちの二人のサンタさん(大型クレーン)が、ほっとパークほこたに、大きなプレゼントを運んでくれたクリスマスイブでした。

2009年12月20日 (日)

貸借地・車両内の整理・清掃作業、及び、キハ601の床板の防腐剤塗布作業を実施(12/20)

 時間こそ完全にはラップしませんでしたが、担当者3名全員が作業を実施しました。

 キハ601及びKR-505の車内の物品の一時搬出作業、及び、キハ601の石岡方客室床面の清掃、及び、防腐剤の塗布作業等を実施しました。

 寄贈いただいた鉄道模型ジオラマや、車内/車外備品・物販品等は、鉾田駅からほっとパーク鉾田への車両の搬出作業の準備に伴い、一時的に担当者宅等への待避作業を開始しています。

 まだまだ搬出すべきものが残っていますが、全体の分類やとりまとめ等は確実に進行しています。

2009年12月19日 (土)

KR-505・キハ601の維持運転、及び、車内・貸借地内の整理作業を実施(12/19)

 担当者2名が作業を行いました。

 キハ601とKR-505の維持運転を実施しました。KR-505は一発始動でしたが、キハ601は機関暖房機機の調子が良くなく、気温の低い状態での起動でしたので、多少起動に手間取りました。

 移転のための車内の整理を引続き実施しています。鉄道模型運転台の一時解体作業や、車内物品の搬出作業等を実施しました。

 また、花壇の整理に、ボランティアの方1名にお手伝いをいただきました。ありがとうございました。

2009年12月18日 (金)

鉾田市役所及びほっとパーク鉾田との打ち合わせを実施(12/18)

 当日休日だった担当者1名が、鉾田市役所にて、鉾田市企画課殿、鉾田市健康増進課殿、及び、ほっとパーク鉾田を市から業務委託を受けて管理している、財団法人鉾田健康ふれあい財団殿と、打ち合わせを行いました。

 協議では、保存車両の移転・展示作業の詳細や、今後の車両の管理方法、責任分担、公開日程、イベント日程・内容等について、意見交換が行われました。

2009年12月13日 (日)

KR-505、キハ601のの維持運転と、KR-505への給油、及び、車内物品の搬出作業を実施(12/13)

 担当者3名が揃いました。

 キハ601とKR-505の維持運転を実施しました。相変らずキハ601の起動には難儀していますが、対策方法が見えてきましたので、とりあえず次回からは、そちらを試すことになります。

 また、移転に向けて車内収納物品の搬出作業を引続き実施しています。今回は塗料缶・ペンキ用バケツ等の搬出作業を実施しました。

 鉄道模型レイアウトについても、一部のレイアウトの搬出作業を実施しました。

 ほぼ、種の成熟も終わったホーム脇の朝顔については、種の収集と蔓の撤去を行いました。

 また、KR-505に約100リットルの燃料補充を実施しました。

2009年12月12日 (土)

移設に向けた貸借地内・車内の整理作業を実施(12/12)

 担当者3名が揃いました。

 キハ432→キハ715と活躍した木製のミニチュア前頭部カットモデルとミニ鉾田駅舎の解体作業を実施しました。

 それから、キハ601車内の収納物品の搬出作業を実施しました。

 また、鉾田駅構内のレールの撤去状況についての確認と、ほっとパーク鉾田での展示線敷設工事の進捗状況の確認等も実施しました。

2009年12月 6日 (日)

『2009ほこたマラソン』の給水ボランティア活動と、キハ601・KR-505の維持運転、及び、車両移転準備作業を実施(12/6)

 担当者3名が揃いました。昨年に引き続き『2009ほこたマラソン』の給水支援ボランティアを実施しました。

 鉾田駅跡地の道路脇に設置した給水ステーションは、今回の鉾田マラソンのコース設定において、5km・10kmクラスの往路の約1.8km地点、復路の残り1.8km地点(10kmの8.2km地点・5kmの3.2km地点)という、立地の良さもあってか、約200名の出場選手の方々にご利用いただきました。

 次回以降、車両は『ほっとパーク鉾田』に移転することになりますので、給水場所については今後検討が必要ではありますが、恒例行事として、また、保存会の知名度への寄与と、地元の皆様との交流のため、鉾田駅保存会としての給水ボランティア参加を来年以降も継続していく事を検討しています。

 キハ601とKR-505は、定例の機関の維持運転を実施しました。KR-505は、相変わらずの一発起動ですが、キハ601の機関の始動性は気温が下がるにつれ日に日に厳しくなってきています。今回も、大容量バッテリーチャージャを使用してのアシストでの起動となりました。

 その後、車両の搬出位置・搬出方法等の下打ち合わせと準備をした後、車両の補修や車内清掃等の搬出準備を実施しました。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック