« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

キハ601・KR-505の維持運転と車内整理・清掃、及び、キハ601の床面の防腐剤塗布を実施(11/28)

 担当者2名が作業を行いました。


 KR-505及びキハ601は、エンジンの維持運転を実施しました。
 キハ601については、気温の低下に伴いエンジンの起動が難しくなってきており、大容量充電器を接続してプレ充電、及び、アシストを行った上での起動となりました。
 機関起動前の予熱に必要な電流が40A弱(約1kW)と大きいため、現在の12V195Ah×2のバッテリーでは、低温による起動失敗が重なると蓄電池電圧が低下してしまい、結果、起動電動機への供給電力が低下してしまい、蓄電池単独での起動ができなくなってしまうという問題が生じています。
 現在は大容量充電器をバッテリに接続し、予熱・起動時にアシストを行う事と、活動時間中は継続して充電を行う事で対応していますが、コールドスタートでの機関の受けるダメージの蓄積も懸念されることから、冬季のキハ601の機関の維持方法について、善後策を検討しています。

 また、移転に向けた車内整理を実施しました。整理の結果、床置きの物品が無くなったキハ601の鉾田方エリアについては、床面の防腐剤塗布作業を実施しました。

2009年11月23日 (月)

キハ601、KR-505の維持運転と車内整理・清掃を実施(11/23)

 担当者作業を1名が行いました。

 KR-505及びキハ601は、エンジンの維持運転を実施しました。

 キハ601については、気温の低下に伴いエンジンの起動ができず、スタータによる短時間の回転での油膜維持のみとなりました。

 また、機関起動前の予熱に必要な電流が40A弱(約1kW)と大きいため、現在の12V195Ah×2のバッテリーでは、低温による起動失敗が重なると蓄電池電圧が低下してしまい、結果、起動電動機への供給電力が低下してしまい、蓄電池単独での起動ができなくなってしまうという問題が生じています。

 次回以降は大容量充電器をバッテリに接続し、予熱・起動時にアシストを行う事と、活動時間中は継続して充電を行う事で対応することを検討しています。

 また、移転に向けた車内整理を実施しました。

2009年11月15日 (日)

キハ601・KR-505の維持運転と車内清掃等を実施(11/15)

 担当者3名が揃いました。

 キハ601及びKR-505は、機関の維持運転を実施しました。キハ601については機関の起動にかなりの苦戦を強いられました。DMH-17は気温の低下により、始動性が悪くなる機関であることは分かってはいましたが、これから本格的な冬に向けて、コールドスタートによる機関のダメージの蓄積等も勘案しながら、対応方法を検討していく必要が出てきました。

 また、イベント終了後の周囲・車内の整理等を実施しました。車内に保管している資材については、各担当者で持ち帰る事のできるものから、搬出を開始しています。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック