« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

KR-505の維持運転と、及び、キハ601周辺の排水作業を実施(6/29)

 担当者2名が作業を実施しました。また、従来からご支援いただいている方1名にご訪問いただきました。

 KR-505は定例の機関の維持運転を行いました。

 終日雨天のため、各車両の車体の補修作業には着手できませんでした。

 駅舎取り壊し後の整地状態の関係で、降雨時に旧駅舎のあった付近に大きくて深い水溜りができてしまうため、排水用の溝を設ける作業を実施しました。キハ601の周囲をなるべく乾燥した状態にしておくためにも、周囲に水溜りが出来てしまうのはあまり良い状況では無いので、雨天の中の土木工事となりました。

 今回排水用の溝を掘ったことで、旧駅舎付近の地面の整地後の高低差がやっと把握できるようになりました。県道側の方が10~15cmくらい高くなっており、ホーム側からの雨水の行き場が無くなって水溜りが出来ているようです。

 とりあえず、今は溝を掘った形になっていますが、溝のままだと埋まってしまったり、自動車の走行で崩れたりしてしまいますので、今後は県道側の地面を削り、その土砂をホーム側の水溜りの場所に蒔き水溜り自体の窪みを減らすといったことで、敷地を平坦にして更なる水捌けの改善を図ることになりそうです。

 雨のため午後3時ごろからはキハ601車内での打ち合わせ等になってしまいました。先週もですが、土日のうち活動日の方に雨が降る形になってしまっており、自ずと周辺環境整備的な作業が主体となってしまい、半月ほど実質的な保存作業が停滞してしまっています。次の活動日は好天に恵まれると良いのですが。。。

 先週蒔いた向日葵は順調に発芽しており、今後、時期を見て間引き(移植)を行っていきたいと考えています(発芽の歩留まりを考慮して1箇所に3~4個種を撒いたところ想定したほど歩留まりが悪くなく一箇所に複数の芽が出てしまったため)。また、ホームセンターの特売で安価に(1振1780円)手に入れることが出来たため、今回、平鍬と備中鍬を常備品として追加しました。そのうち鉾田駅保存会園芸部ができてしまいそうな予感です(笑)。

2008年6月24日 (火)

活動予告(6/29[日])

次回の鉾田駅での活動は6月29日(日)午前10時頃から行います。

 活動内容は、キハ601の車体塗装の手直し、車体標記(社紋)の記入、及びKR-505の機関の維持運転、敷地周囲の草刈等となります。
ご参加にあたっての注意事項(作業のお手伝い時のご案内)
 ○衣服等汚れる事が予想されます。ご注意ください。
 ○手袋のご用意をお願いいたします。
 ○危険を伴う作業は保存会が行いますが、怪我、事故には十分ご注意ください。
 ○怪我、事故につきましては当会、鹿島鉄道・関東鉄道は一切責任を負えません。
 ○見学は自由に行っていただけますが、車内につきましては作業の状況等によりできない場合があります。
 ○KR-505のエンジン運転中は車両に接近しないでください。

2008年6月23日 (月)

事故状況の確認と賃借地内の緑化作業を実施(6/23)

 本日(6/23)朝、別の担当者より電話があり、旧鉾田駅前で自動車の自損事故があり、賃借地の敷地境界の鉄パイプや仕切りロープ等に被害が出ているらしいとのが連絡ありました。   

 その担当者には鉾田の警察署から連絡が行ったようです。電話の着信履歴を確認しましたら、私にも鉾田警察署の電話番号からの不在着信が入っていました(汗)。自動車を運転中だった時間帯で、たまたま年甲斐も無くハードロックを大音量で聴いていたもので、気がつかなかったようです(自動車運転中に警察署からの電話に出なかったのは正解だった気がしますが(大汗))。

 電話を受けた担当者は、損害を受けた箇所については基本的に関東鉄道の財産であるので、関東鉄道の開発部に連絡をとるよう依頼したようです。

 とりあえず夕方、時間を作り、鉾田入りしましたところ、たまたま、また別の担当者も鉾田入りしており、電話を受けた担当者に被害箇所を写メールしているところでした。

 事故車の突っ込んだ箇所はタクシー乗り場側から数えて3本目の鉄パイプと4本目の鉄パイプの部分で、その部分の虎ロープは何故か全く無くなっていました。3本目の鉄パイプは原型を留めない程になぎ倒され、4本目の鉄パイプとそれに隣接する「関東鉄道・鹿島鉄道・関鉄プラザ」の名前の入った商店街の街頭も傾いていました。

 事故現場は仮設したばかりのトイレからは約3~4mの場所で、車の飛び込んだ方向の先にはトイレがあるといった状況で、とにかく保存車両と車両とトイレに被害が無いことには大変安堵しました。

 午前のうちに関東鉄道さんで被害調査を行い、明日には業者を入れるとのことなので、こちらとしては特に復旧作業を率先して実施するような危急の状態ではなさそうです。ただ、時間をみて、切断された虎ロープの張りなおし等は出来る範囲で協力しようと考えています。

 その後は陽の長い今の時期ですので、検案となっている緑化作業を実施しました。樹高の高い種類の向日葵を主に蒔いていますが、どうも発芽率が悪く、双葉の出ない箇所については再度の植栽を行いました。今回は2mくらいまで育つという、昔懐かしい向日葵っぽい種子を選択しました。遅蒔きに失した甲斐があり、むしろ8月最終土日との話の鉾田のお祭りには丁度見ごろになってくれるかと期待しています。

 また、駅前のお蕎麦屋(たい焼き屋)さんからは、花壇で余ったコスモスの株のおすそ分けをいただきました。これは、郵便ポスト(一部に妖怪ポストなんじゃないかという揶揄がありますが(笑))の左側の区画に、周囲の石を並べてサークルを作り植栽しました。お話では余り手間のかからない花の様で、夏から秋への時期には綺麗な姿がみられそうです。

 その他、向日葵の発芽が見られない箇所については、種子がハズレだったと見做し、再度種まきを行いました。

 その他各プランタの給水ボットへの水の追加、等を行い撤収としました。

 まぁとりあえず、キハ601やトイレに突っ込まなかっただけでもほっとしています。。しかし、どうやったらあすこであんな派手な事故ができるのかなぁ?石岡方からオーバースピードで突っ込んできて、リアが外に出てしまい、フロントはオーバーステアで巻き込んでしまい180度回って、ケツから激突って感じでしょうかねぇ。ドライバーは自力脱出できず救急隊が収容したとのことですが・・・・。

 やはり、トイレ周囲に目隠し板の設置はいろいろな意味もありますが、考えておく必要がありそうです。

2008年6月22日 (日)

KR-505の維持運転と、及び、賃借地周辺の除草作業を実施(6/22)

 時間を作ることができた会員1名がお昼前から夕方まで作業を実施しました。

 KR-505は定例の機関の維持運転を実施しました。

 雨天のため塗装・腐食部の補修等の作業は実施できず、このため、賃借地周辺の除草作業を先週に引き続き実施しました。

 線路敷きの雑草については、刈払機での作業はノコ歯がバラストに当たってが痛むわりには除草効率が今一歩でしたので、刈払機を使用せず、手で根ごと引き抜く方法も併用しました。気の長い作業ですが、根こそぎにすれば二度と生えてこないという確実性もあるので、出来る範囲でこれも実施しました。

 とりあえず、来年に向けて、種子をつけさせないように夏場の除草はがんばって続けたいと考えています。今回は持ち込んだ刈払機用の燃料を全て使い切るまでの除草三昧の一日でした。お腹の贅肉の減量と筋肉の増強には果たして効果があったでしょうか?(明日は全身筋肉痛の予感です)

 ホームの両脇に植えた向日葵と朝顔ですが、徐々に育っているようです。一部の向日葵は発芽せず、また逆に一部の向日葵は予想以上に生長していました。

2008年6月19日 (木)

今週末の活動はありません(6/21~22)

 各会員の勤務等の都合上、今週末は複数の会員が同時に鉾田駅で活動でき無いため、今週末の保存会としての活動はお休みになります。(都合がついた会員が活動する場合はありますが、決まった日程での実施を事前にお約束することができません)

 今週末は、担当者の勤務シフトの都合などがあり、鉾田駅でのボランティア活動時間がとれない見込みです。申し訳ありません。

2008年6月15日 (日)

賃借地周囲の除草及び緑化作業を実施(6/15)

 午後から時間を作れた担当者1名が、賃借地周囲の除草作業を実施しました。

 また、ボランティアの方1名に緑化作業をお手伝いいただきました。いつもお手伝いいただき、本当にありがとうございます。

 しぶとく生えてくるセイタカアワダチソウ等をターゲットにして、賃借地のほぼ全域にわたって除草を実施しました。先週も除草をしたため、丈の高い草は余りありませんでしたが、除草剤を撒いたはずの線路敷の雑草がかなり目だったため、丈のある雑草についてはエンジン刈払機での除草を行いました。除草剤を撒いた翌日には雨が降ってしまい、バラストで水捌けの良い箇所では除草剤が思ったよりも効かなかったようです。

 ホームの南側に撒いた向日葵は、一部で双葉が出ていました。これらへの水遣りも含め、ホームの花壇の手入れ等の緑化作業をボランティアの方に実施いただきました。ありがとうございました。

2008年6月14日 (土)

KR-505の維持運転、ドア裾部の緊急補修作業と周辺の除草作業を実施(6/14)

 担当者2名が作業を実施しました。また、東京都からいらっしゃったボランティアの方1名に除草作業をお手伝いいただきました。有難うございました。

 入梅したとは言え、天候にも恵まれた作業日となりました。

 KR-505は定例の機関の維持運転を実施しました。

 また、梅雨を迎えるにあたって、KR-505の車体の腐食部分について調査を行ったところ、各乗降ドア、及び乗務員室扉の裾部の腐食が特に酷く、緊急に対応が必要なことが判りました。このため、予定していた作業は中止してKR-505の腐食対策作業を実施することになりました。

 エンジン発電機をKR-505の定常留置場所の近くまで運び、電動ディスクグラインダー2台を投入して錆落とし、及び、錆止め塗料の塗布、腐食箇所の修繕を行いました。

 KR-505のドアの下部については、腐食部分の塗装を除去してみたところ、過去に腐食した鉄板を切り取り、その部分に新しい鉄板を溶接して補修したとみられる箇所がかなりありました。また、補修を受けた形跡の無い箇所については、今回特に腐食が進行し、殆ど鉄板の部分が無くなっているといった例もありました。

 以上のように、KR-505の車体の腐食部分を、正常な状態に復するには、過去の補修痕と同様に腐食部位の切除と鉄板の溶接という補修作業が必要であることが明確になりました。溶接機の導入については、キハ601の腐食箇所の補修作業実施の時点から、担当者間でいずれ必要になるであろうという認識はあったのですが、近々に準備せねばならないことがはっきりしました。腐食部の切除用の工具と併せ、調達について検討することになります。

 また、補修作業の実施には、車体からのドアの取り外しが不可欠になるため、その手順の確認作業を行いましたが、タイムリミットまでにドアを外してみるには至らず、この作業については来週以降に繰越となりました。

 今回は応急処置として腐食部分の錆落としと錆止め塗料の塗布を行いました。また開口部分はアルミテープ等による応急処置を行いました。

 KR-505については未だ車体用の塗料も未購入であるため、塗装の計画や、帯用塗料の色・種類等についての検討が早急に必要になりました。とりあえず、仮補修用として、型番等の判っている車体用塗料(クリーム)については、キハ601の屋根用塗料(銀)の追加分と、そろそろ残りが少なくなってきた塗装用シンナーと併せて、購入の手配を近々に実施する予定です。

 KR-505は、しばらくは錆止め塗料のパッチワークが施された外観になってしまいそうです。平成4年製と未だ全検回帰3回に満たないはずのKR-505ですが、今回確認した腐食箇所はキハ601の外板の最悪の箇所よりも酷いといっても良い状態の箇所もあり、今後は車体の構体については「新しい車両」という意識を持たずに接して行くことが必要になるのではないかと考えています。

 今回の様なドアの裾部分の腐食状況を見てしまいますと、キハ601が旧来のプレスドアでは無くステンレスのドアに交換されて居た事が幸運の様に感じてしまいます。見栄えの点からステンレスドアに不満が無かったわけでは無いのですが、人とは現金なものです。

 除草作業については、先週刈り倒した草の収集作業を、ボランティアの方に実施いただきました。炎天下での重労働を黙々とこなしていただきまして、お礼の言葉もみつかりません。本当にありがとうございました。

 敷地内の雑草については、たった一週間で大分伸びており、次週までには是が非でも、実施せねばなりません。

 また、作業終了間際に、かしてつの存続運動に関わられていた方や、写真を撮り続けられていた方など、お3方にご訪問いただきました。久々にお話しができて楽しい一時でした。廃線跡を廻ってこられたそうで、「かしてつ」をいつまでも忘れないでいていただけていることに大変力づけられました。ご訪問有難うございました。

2008年6月12日 (木)

活動予告(6/14[土])

次回の鉾田駅での活動は6月14日(土)午前10時頃から行います。

 活動内容は、キハ601の車体塗装の手直し、車体標記(社紋)の記入、及びKR-505の機関の維持運転、敷地周囲の草刈等となります。
ご参加にあたっての注意事項(作業のお手伝い時のご案内)
 ○衣服等汚れる事が予想されます。ご注意ください。
 ○手袋のご用意をお願いいたします。
 ○危険を伴う作業は保存会が行いますが、怪我、事故には十分ご注意ください。
 ○怪我、事故につきましては当会、鹿島鉄道・関東鉄道は一切責任を負えません。
 ○見学は自由に行っていただけますが、車内につきましては作業の状況等によりできない場合があります。
 ○KR-505のエンジン運転中は車両に接近しないでください。

2008年6月 7日 (土)

KR-505の維持運転と、キハ601の塗装補修し、及び、賃借地周囲の緑化作業と除草を実施(6/7)

 メンバー全員が揃いました。またボランティアの方2名にもお手伝いいただきました。有難うございました。また、美味しい差し入れありがとうございました。

 さて、梅雨の晴れ間に恵まれ、懸案になっていた屋外での作業を実施することができました。

 先ずはキハ601の塗装の手直しです。一部にマスキングに不完全な場所があり、塗色のはみ出し等があったのですが、これらの手直しを行いました。

 ホーム付近には、夏のイベントに向けて向日葵や朝顔を植えることにしました。ホーム南側と敷地境界との間の地面を耕して向日葵の種を撒きました。

 また、繁茂してきた賃借地周囲の雑草の除草作業を行いました。砂利の線路敷きには除草剤を撒き、その他のスペースはエンジン刈り払いで刈り倒しました。丸一日草刈でさすがに腕と肩と腰にきました。

 KR-505は定例の機関運転を行いました。また、窓とカーテンを開け、車内の空気の入換えを行いました。

 キハ601についても、昇降用のステップを設置した状態で窓を開けて、車両公開兼スタッフの休憩所としました。

 

2008年6月 5日 (木)

活動予告(6/7[土])

 次回の鉾田駅での活動は6月7日(土)午前10時頃から行います。

 活動内容は、キハ601の車体塗装の手直し、車体標記(社紋)の記入、及びKR-505の機関の維持運転、敷地周囲の草刈等となります。
ご参加にあたっての注意事項(作業のお手伝い時のご案内)
 ○衣服等汚れる事が予想されます。ご注意ください。
 ○手袋のご用意をお願いいたします。
 ○危険を伴う作業は保存会が行いますが、怪我、事故には十分ご注意ください。
 ○怪我、事故につきましては当会、鹿島鉄道・関東鉄道は一切責任を負えません。
 ○見学は自由に行っていただけますが、車内につきましては作業の状況等によりできない場合があります。
 ○KR-505のエンジン運転中は車両に接近しないでください。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック