« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

廃線一周年イベント実施(3/29)

 鉾田駅において廃線一周年イベントを実施しました。

 大変多くの方にご来場いただきました。本当にありがとうございました。

 都内など遠方からいらっしゃった方々もおられ、鹿島鉄道を廃線後も気にかけていただいている方々がたくさんいらっしゃる事に我々はとても勇気づけられました。

 KR-505をホームに移動し、キハ601は昇降用の階段を設置して両方の車両の車内の公開を行いました。キハ601の周囲の虎ロープは一時的に外し、ロータリー側からクリアな写真を撮っていただけるようにしました。(車体は腐食部分の補修中でお世辞にもクリアな状態では無かったことか心苦しいのですが)

 キハ601の鉾田方半室は絨毯敷きとして子供向けのプラレールコーナーとしました。また、出入り口側の残り半室では関係資料の展示と、写真の展示販売を行いました。収益はキハ601のバッテリー更新資金の一部に充当させていただく予定です。ご購入ご協力有り難うございました。

 今回はTV・新聞の取材を受けました。イベントの様子は地上デジタルのNHK茨城のニュース枠で18時台と20時台に放送されました。

 そして、関東鉄道レールファンCULBさん、鉾田ネバーギブアップかしてつさん、ほか皆さんから、おやつ・昼食などの差し入れをいただきました。ありがとうございました。

 とりあえず、今回、なんとか鉾田駅での車両の保存活動のひとつめののろしをあげることができました。なんとか我々の保存活動が地元の方々に認知され、そして支持いただけるよう、出来ることから一つ一つ階段を上って行きたいと思っています。

 当面の目標はキハ601の腐食部分と塗装の補修の終了と、バッテリーの更新によるDMH17Bエンジンの起動です。なんとか5月の連休に間に合わせることかできれば一番良いのですが、あと正味一ヶ月、時間とお金との勝負になります。なんとか前向きにこなしていこうと思っています。

 健在のところ、次の公開は5/4(日)を予定しています。イベント及び作業の日程は今個も、ブログとホームページで適宜広報していきます。

2008年3月24日 (月)

3/29(土)のイベントにおけるご案内とお願い事項について。

(1)アクセスについて

 鹿島鉄道廃線の後、鉄道でのアクセスと言う点では非常に不便な場所となってしまった旧鉾田駅跡地でのイベントでこういった事を申し上げるのは大変心苦しいのですが、ご来場にはできるだけ、鉄道・バス等の公共機関をご利用ください。

鹿島鉄道の3/31までの代替バスの時刻表については下記のURLに記載されています。

http://www.kantetsu.co.jp/green-bus/omnibus/timetable_green06.pdf

また、これ以外に石岡から鉾田までのバスは下記の2系統があります。沿線をショートカットするものと、逆に遠回りするものがありますが、アクセス手段としては使えます。

http://www.kantetsu.co.jp/green-bus/omnibus/timetable_green08.pdf

また、鉾田と水戸駅を結ぶ路線も下記のように複数存在します。

http://www.kantetsu.co.jp/green-bus/omnibus/timetable_green07.pdf

http://i-bus.web.infoseek.co.jp/ibaraki/jikoku-others1/hokota-s.html#holiday

鹿島臨海鉄道新鉾田駅からは徒歩15分程度となりますが、鹿島臨海鉄道の時刻表は以下のURLに記載されています。

http://www.rintetsu.co.jp/traffic/time-down.html   下り列車(水戸→鹿島神宮)

http://www.rintetsu.co.jp/traffic/time-up.html     上り列車(鹿島神宮→水戸)

新鉾田駅から鉾田駅跡のエリアの地図は下記となります。

http://www.its-mo.com/map_s.htm?lat=130159600&lon=505871210&lvl=14&opt=m-fw%3A%E9%89%BE%E7%94%B0%E5%B8%82%2C%E9%89%BE%E7%94%B0%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%3A130159600%3A505871210

石岡及び水戸で接続する常磐線の時刻は以下の通りです。

水戸駅

http://www.jreast-timetable.jp/timetable/list1471.html

石岡駅

http://www.jreast-timetable.jp/timetable/list0112.html

また、東京都心と鉾田を結ぶ高速バスも運転されています。

http://www.kantetsu.co.jp/green-bus/highwaybus/highwaybus_hokota20080116.pdf

 今後の鉾田地区の公共交通手段維持のためにも、是非、公共交通機関てのご来場をご検討いただければ幸いです。

(2)車でいらっしゃる場合の注意事項

 車でいらっしゃる場合には、駐車場は、賃借している敷地のうち、駅の南側の裏手の細い道路の先端に、鹿島鉄道から借地しているスペースかありますので、そこに駐車するようにしてください。旧駅舎付近のロータリーは、バス及びタクシーの運行の妨げになるため車両の乗り入れはイベント準備用のスタッフの車両を除き禁止致します。駐車場までは案内表示に従ってください。入口は、キハ601が展示されているすぐ南側の細い路地になります。

 県道の入口から100m程の左側にある舗装された駐車場は第一生命さんの駐車場ですので駐車禁止と致します。案内表示に従い線路と平行に更に奥に進んでください。

 その次の奥に向かって左側のエリアは関東鉄道バス利用者のための駐車場ですので、駐車禁止と致します。更に線路と平行に進んでください。駐車禁止の誘導ポスターに従ってください。

 さらに次の向かって左側のエリアは関鉄グリーンバスの従業員駐車場であり、仕事のシフトで車の出入りも多いため駐車禁止とします。更に線路と平行に50mほど進んでください。ここでも駐車禁止の誘導ポスターに従ってください。

 仕切り用の虎ロープと「この先に駐車してください」との看板を用意しておきますので、駐車はこの表示よりも石岡方(奥)で行うようにしてください。このエリアは鉾田駅保存会が賃借している場所になります。下草は刈り取ってありますので、駐車する上では特に問題は無いと思います。

 駐車場における、接触・衝突・車上荒らし・脱輪等のトラブルに関しては、鉾田駅保存会・関東鉄道・鹿島鉄道とも一切の責任を負いかねますので、慎重な運転と譲り合いの駐車をお願い致します。他車の移動を妨げるような駐車は厳に謹んでください。

 駐車場からは会場まで多少歩くこととなりますがご容赦いただきますようお願い致します。

(3)トイレについて

 鹿島鉄道跡地には公衆トイレがありません。約500mほど離れた町内の無料駐車場に公衆トイレがあり、これが公式に使用可能な一番近い公衆トイレになります。ただ、かなり古い施設ですので掃除はされていますが、快適というレベルの施設ではありません。

 よってトイレについては、ご訪問の前に何らかの形で対応をしておいていただくことが無難です。鉾田市街の外郭の環状道路付近には大規模店舗もありますので、お買い物方々の利用というのも一つの対応方法になると思います。トイレ対応については申し訳ありませんが参加者各自でのご対応をお願い致します。

2008年3月23日 (日)

キハ601のポリパテ塗布部の研磨と燃料補給・冷却水補給を実施(3/23)

 都合がついた会員1名が午後から作業を行いました。

 昨日塗布したポリパテの表面を車体の表面と滑らかにつながる様にするため、電動サンダにより磨きだしを行いました。ポリパテの盛りが不足し凹みが生じている部分もありましたので、天気を見ながらこれらの部分については更にポリパテの追い盛りを行い再度磨きだしを行うことになります。

 また、冷却水の凍結を心配する時期を過ぎましたので、冷却水の注水を昨日から開始しています。現地に一度に持ち込める水の量は40リットル程度で、そのうち実際に注水できる量は30リットル程度ですので、何回かに分けて注水作業をつづけることになります。やはり、自前の水道の設置は真剣に検討しなければならない項目となりそうです。

 燃料については軽油38リットルの注油を行いました。現時点では、バッテリの新品への交換が終わらなければキハ601のエンジン「DMH17B」を起動することは不可能ですが、なんとか早めにバッテリの対策を終え、エンジンの起動を目標に頑張りたいと考えています。

 それから、先日の保育園児の見学イベントが、22日付けの茨城新聞の地方面に写真入で掲載されました。今週末のイベント予告についても掲載していただいています。

KR-505の維持運転と、キハ601の雨樋の塗装補修とポリパテ補修箇所の削り出し、車内清掃、及び、賃借地周囲の除草を実施(3/22)

 今回もボランティアの方1名にお手伝いいただきました。有難うございました。

 KR-505は定例の機関の維持運転を行いました。

 キハ601については、蓄電池の劣化が判明したため、従来行っていた充電作業は当面中止することとしました。バッテリについてはバス用の12V200Ahクラスのものを2個直列接続することで更新を図る予定です。端子形状が異なることから配線の接続方法については、今後の検討課題ということになります。安めの見積もりでも2個で10万円ほどは必要となる見込みで、このための資金調達も課題のひとつです。

 雨樋部分に塗装の痛みが見られるため雨樋部分の錆び落としと錆び止め塗装を行いました。

 車体のポリパテを塗布した部分については、電動サンダ2台を投入して周囲との平滑化作業を行いました。一部ポリパテの盛りが薄く平滑化できず、再度のパテ盛りが必要となった箇所がありました。これについてはポリパテの追い盛りを行いました。

 妻面窓枠下では腐食のため、車体外板に穴が開いている箇所が見つかりました。今回は応急的に、錆び落とし、錆び止め塗料塗布の後、車内・社外両側からポリパテを盛り開口部を塞ぐ処置をとりました。今後は表面の劣化が進んでいる運転台間窓枠のHゴムの交換も含め、抜本的な対策を計画する必要があります。

 また、来週の車内公開のため、キハ601内の清掃を行いました。車内に保管している工具等については、鉾田方運転台に集約し、客室をフルに使えるよう準備しました。

 他に、賃借地周囲の草刈を行いました。

 

2008年3月19日 (水)

鉾田駅での鹿島鉄道廃線一周年イベントの実施について(3/29)

鉾田駅での鹿島鉄道廃線一周年イベントの実施について

 鹿島鉄道の廃止から1年となる事を機に、来る3月29日(土)午前11時より、旧鉾田駅跡地において、廃線一周年イベントを開催いたします。

 当会が所有しております、鹿島鉄道廃線当時国内現役最古の気動車だった「キハ601」と、当時の鹿島鉄道最新の気動車だった「KR-505」の車内の公開、及び、お子様向けの車内でのプラレール遊びコーナー、当会特製のかしてつグッズの販売等のイベントを予定しています。

 

● 開催場所 : 旧鹿島鉄道鉾田駅跡地

● 開催日時 : 2008年3月29日(土)

          11:00~15:00

● イベント : ① キハ601及びKR-505の車内公開

         ② キハ601車内でのプラレールコーナー

         ③ 当会特製かしてつグッズの販売

活動予告(3/22[土])

 次回の鉾田駅での活動は3月22日(土)午前10時頃から行います。

 活動内容は、引き続きのキハ601の車体の清掃と塗装剥離・ポリパテ塗布・腐食部分の確認/補修、及びKR-505の機関の維持運転、敷地周囲の草刈等となります。
ご参加にあたっての注意事項(作業のお手伝い時のご案内)
 ○衣服等汚れる事が予想されます。ご注意ください。
 ○手袋のご用意をお願いいたします。
 ○危険を伴う作業は保存会が行いますが、怪我、事故には十分ご注意ください。
 ○怪我、事故につきましては当会、鹿島鉄道・関東鉄道は一切責任を負えません。
 ○見学は自由に行っていただけますが、車内につきましては作業の状況等によりできない場合があります。
 ○KR-505のエンジン運転中は車両に接近しないでください。

子育て支援グループの親子の皆さんと鉾田市立第一保育所の皆さんのお散歩見学受入れを実施(3/19)

 鉾田市立第一保育所が受託している子育て支援プログラムのお散歩行事に参加された親子の皆さん(約20名)と、鉾田市立第一保育所の児童の皆さん(約30名)の見学を受け入れました。

 鹿島鉄道さん・関東鉄道さんのご協力のもとにKR-505をホームへ移動し、昇降用階段を設置したキハ601とともに車内の開放を行いました。

 2両の気動車の中は子供たちの笑い声であふれていました。

 今後も折にふれて地域に密着した活動、地元の方に喜んでいただける活動ができるようにしていきたいと考えています。

 今回は茨城新聞さん、朝日新聞さんの取材を受けました。

 見学が終了した後はキハ601の塗装の補修及び、刈り取った雑草の収集を行いました。

 また、KR-505を関東鉄道さん、鹿島鉄道さんのご協力のもと、元の位置に移動しました。その際、貴重なお時間を割いていただいて、キハ601及びKR-505の各部について詳細な取扱をご教示いただくとともに、不具合点などについて気になる箇所を見ていただきました。

 キハ601については、冷却水の給水方法についてご教示いただきました。

 キハ601の蓄電池については劣化が進んでおり、現状ではバッテリーチャージャからのアシストをしてもスタータを駆動できないことが分かりました。蓄電池については今後交換か必要ということになりますが、かなり大容量のものとなるため、費用の手当て等について今後検討していきます。

 KR-505のドアの漏気は電磁弁からのもであることが分かりました。交換用のDC24V用VM13形電磁弁の調達について今後検討していきます。

 今回の車内公開は無事成功裏に済ませることができました。これも一重にお忙しい中御足労いただいた、鹿島鉄道さん関東鉄道さんの方々のおかげです。ありがとうございました。

 収集した雑草については、先日と同様に鉾田市指定のゴミ袋に入れて鉾田クリーンセンターに搬入し処分しました。

2008年3月16日 (日)

キハ601の蓄電池充電と車体塗装補修作業、及び、乗降用階段製作を実施(3/16)

 時間を作ることかできた担当者2名が朝から昼過ぎにかけて作業を行いました。

 キハ601の塗装を剥離して錆び止め塗料を塗った上に塗布したポリパテの削りだし作業を行いました。

 また、3/19(水)の見学受入のための搭乗用階段の製作を昨日に引き続き行いました。

KR-505の維持運転と、キハ601の屋根上の塗装補修、乗降用階段製作、車内清掃、及び、蓄電池の充電と敷地内の緑化を実施(3/15)

 今回も5名の方にボランティア参加いただきました。ありがとうこざいました。

 KR-505は、機関の維持運転を行いました。今日も一発起動です。また、側窓を開けて陽光を入れ車内の空気の入換えを行いました。

 キハ601は、引き続き屋根上の塗装の補修作業を実施しました。暗くなるまでかかってしまいましたが、作業はほぼ終了に近い状態まで進めることができました。

 また、3/19(水)の鉾田第一保育園の児童の訪問の準備として、乗降用の階段の製作を行いました。作業は「ネバーギブアップかしてつ」の会員の方にもボランティアでご協力いただきました。とりあえず昇降には問題ないものが出来ましたが、体裁が余り良くないので、折を見てもう少し手を入れるつもりです。

 それから、ボランティアの皆様には、車両の窓の清掃とシートのモケットの埃落としを中心とした車内の清掃をお願いしました。掃除機で清掃を行いましたが、モケットに溜まっていた細かい埃は掃除機のゴミパックをずっしりと満杯にしてしまうほどの量でした。掃除も暗くなるまでかかりましたので本当に久々に蓄電池スイッチを入れ、客室灯を点灯しました。

 ボランティアの方からお昼やおやつの差し入れもいただきました。ありがとうございました。

 更に、駅敷地の緑化のため、花を植えたプランタや、花の苗等のご提供もしていただきました。ありがとうごさいました。現役時代は多くの草花が植えられていた鉾田駅ですが、少しでもその姿に近づくことが出来ればと思っています。

2008年3月14日 (金)

平成20年第1回鉾田市定例市議会の総務企画常任委員会審議傍聴を実施(3/13)

 既にメインページに概要を記載してありますが、「ネバーギブアップかしてつ」の会員として、3/13に行われた鉾田市議会総務企画委員会での「鹿島鉄道(旧鉾田駅)跡地購入に関する請願書」に関する審議を傍聴し、その後の「ネバーギブアップかしてつ」による記者会見にも同席してきました。

 既に既報の通り、請願書については委員会では不採択となりました。この結果をもとに総務企画委員会委員長が製作する報告書が3/19日の本会議に上程され採決が行われることになります。

 審議において、鉾田市街地の活性化対策の面から請願への賛成意見を述べ、採決時に賛成挙手をしたのは、勢司正躬議員と高野衛議員でした。

 また、他の請願が多数山積みになっている中で鉾田市としてこれ以上の財政的負担となる案件を採択すべきでないという主旨の反対意見を述べ、採決時に賛成挙手しなかったのは、山崎進議員でした。

 他の井川茂樹議員、米川宗司議員、小沼洋一議員、高野隆徳議員、及び、菅谷達男総務企画委員長からの請願への意見表明はありませんでしたが、これらの議員は採決時には賛成挙手しませんでした。

 その後「ネバーギフアップかしてつ」としての記者会見に参加しました。

 席上、当会(鉾田駅保存会)についても取材を受けました。

- 以下は感想です担当者の主観が入ります -----------------

 山崎議員が反対の根拠とした財源については、本請願が採決された場合でも直ちに鉾田市の財政に影響を与えることではありません。

 請願を採択し執行機関である市に通達を行った場合でも、その執行の優先度は市が判断する事項であり、現在山積みとなっていると言われる請願の中には、合併を前にした各旧町村によるものも多数含まれています。

 従ってこの反対意見は、今後の市民による請願については、山積された請願の処理が終了するまでは、他の新たな請願は受け入れないというスタンスに立つものと理解するしかなく、これは議員に対する市民からの請願とその審査という民主主義の根本的な構造の一部を麻痺させることを公に発言したと言って良い行動であり、市議自らの存在意義をも否定する暴言といって差し支えないものと考えます。

 また、これらの審議を座視し、追認した総務企画委員長を含む6名の議員については、反対意見の内包する重大な意味を看過したという点でその議員としての見識を疑わざるを得ないと考えています。

 鉾田駅跡の整備に関しては、事業として実際に検討する段階となれば、鹿島鉄道が鉾田市に支払うことになる固定資産税を補填できる程度+αの比較的安価な賃借料で、鉾田市が鹿島鉄道の敷地を長期間賃貸するといった方法も含め、鉾田市と鹿島鉄道との間でお互いの妥協し得る条件での合意に至ることも可能ではないかと考えます。そういった意味でも、今回の決定は短慮であるとしか評価できないものと考えています。

2008年3月10日 (月)

活動予告(3/15[土])

 次回の鉾田駅での活動は3月15日(土)午前10時頃から行います。

 活動内容は、引き続きのキハ601の車体の清掃と塗装剥離・ポリパテ塗布・腐食部分の確認/補修・蓄電池の充電、及びKR-505の機関の維持運転、敷地周囲の草刈等となります。
ご参加にあたっての注意事項(作業のお手伝い時のご案内)
 ○衣服等汚れる事が予想されます。ご注意ください。
 ○手袋のご用意をお願いいたします。
 ○危険を伴う作業は保存会が行いますが、怪我、事故には十分ご注意ください。
 ○怪我、事故につきましては当会、関東鉄道は一切責任を負えません。
 ○見学は自由に行っていただけますが、車内につきましては作業の状況等によりできない場合があります。
 ○KR-505のエンジン運転中は車両に接近しないでください。

2008年3月 9日 (日)

キハ601の塗装補修と賃借地周辺の清掃を実施(3/9)

 時間を作ることが出来た担当者2名が昨日に引き続き作業を行いました。

 キハ601は錆び止め塗料の上にポリパテを塗布する作業を行いました。

 借地周辺の清掃は刈り取った雑草の収集を行いました。担当者の現地到着が遅れたため、午前中に鉾田市のクリーンセンターに搬入することができず、搬入は後日、平日に行うことになってしまいました。

 また、鉾田市のゴミの分別方法を精査したところ、収集したゴミを更に分別する必要が出て来ました。これについても後日行うことになります。

2008年3月 8日 (土)

KR-505の維持運転と、キハ601の蓄電池充電と屋根部塗装補修作業、及び、賃借地周辺の草刈・清掃作業を実施(3/8)

 今回もボランティアの方5名にご参加いただきました。

 埼玉県・神奈川県など県外から、鉾田まで遠路お運びいただき有難うございました。

 KR-505は、定例の機関の維持運転を行いました。また、天気も良かったので久々に側窓を全開にして車内に陽光と外気を入れました。

 キハ601は、蓄電池の充電と、屋根上と車体側面の塗装の補修作業(錆び落とし・錆び止め塗料塗布・ポリパテ塗布など)を行いました。

 先週草刈をしたことで、隠れていたゴミの類が出てきましたので、ボランティアの方々にお手伝いをいただき、午前中は賃借地周囲のゴミ拾いを行いました。

 お昼は差し入れいただいたお手製のちらし寿司と、寿司折をキハ601の車内で鉄道談義に花を咲かせながらいただきました。毎回の差し入れありがとうございました。

 午後からはボランティアの方々のご協力を得て、刈った草を集積する作業を行いました。面積もかなり広かったため、集めた枯れ草は今日だけで鉾田市指定の45リットルのビニール袋で約30個分にもなりました。とても我々だけでなんとか出来る量ではありませんでしたので、ボランティアの方々のご協力にはただただ感謝するばかりです。未だ収集しきれていない枯れ草の山がいくつかありますので、時間をみつけてこれらについても処分を進める予定です。

 これらのゴミは後日鉾田市のゴミ処理場に直接持ち込んで処理をお願いすることなります。

 終日穏やかな日でしたので、屋根上作業・除草/清掃作業とも良い気象条件下での作業となり助かりました。

 ボランティアの皆様、ご参加有難うございました。

2008年3月 3日 (月)

活動予告(3/8[土])

 次回の鉾田駅での活動は3月8日(土)午前10時頃から行います。

 活動内容は、引き続きのキハ601の車体の清掃と塗装剥離・腐食部分の確認/補修・蓄電池の充電、及びKR-505の機関の維持運転、敷地周囲の草刈等となります。
ご参加にあたっての注意事項(作業のお手伝い時のご案内)
 衣服等汚れる事が予想されます。ご注意ください。
 手袋のご用意をお願いいたします。
 危険を伴う作業は保存会が行いますが、怪我、事故には十分ご注意ください。
 怪我、事故につきましては当会、関東鉄道は一切責任を負えません。

 見学は自由に行っていただけますが、車内につきましては作業の状況等によりできない場合があります。KR-505のエンジン運転中は車両に接近しないでください。

KR-505の維持運転と、キハ601の蓄電池の充電、及び借地エリア周辺の草刈を実施(3/2)

 時間を作ることが出来た会員2名が、一人は午前中、もう一人は午後に作業を行いました。

 偶然鉾田駅にいらっしゃっていた方1名に突発で草刈のボランティア参加をしていただきました。ありがとうございました。

 キハ601は引き続き、エンジン発電機とバッテリーチャージャーを使用して蓄電池の充電を行いました。ここの所定期的に充電を行ってきたため、ほぼ満充電に近いレベルまで充電できてきており、今後はこの電圧レベルを維持するための充電を定期的に行っていくことになると思います。

 KR-505はエンジンの維持運転を行いました。相変わらず一発起動でアイドリングも安定しています。

 借地エリア周辺の空き地が、除草剤で立ち枯れたセイタカアワダチソウ等で見苦しいので、先週からエンジン除草機を使って草刈を行っています。草に隠れていた空き缶、古タイヤ、自転車などゴミの類も出て来ており、これらの始末もしていかなければなりません。また、セイタカアワダチソウに関しては根が死んでいないとまた生えて来るので、繰り返して草刈をする必要があります。

 何か車両に映えるような植物を植えられないかとも思うのですが、時期的に春咲きの植物は遅きに失してしまっており、春撒きの草でなにか世話なしな良い花が無いか、などと考えています。

 写真を撮るには条件の悪い場所に置いてあるキハ601ですが、陽が延びて来たせいもあり、夕暮れ時はキハ601の非公式側(北側)を、石岡側から何とか順光で撮影できるようになって来ています。(鉾田駅の線路は東-西よりは東北東-西南西に近い方向のため)

 本格的に活動を開始してから一月が過ぎました、やらなくてはならないことが山積みで、はたしてどこから手をつけたものやら・・・・というところもあるのですが、今後とも皆様の応援をお願い致します。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック